banner

健康食品てなに??

厚生労働省のホームページを見てみると、広く一般的に健康食品と呼ばれるものには、法律上の定義はない、と記載されています。要するに、厚生労働省として、「健康食品、認定!」ということはやっておらず、「一般的に、健康を維持、向上させるために、有効である食品」ということです。成分を見て購入した消費者が口コミや評価によって、情報が広がることによって、「健康食品」と認知されたりするので、個人差はありますが、より健康に有効である、ということになります。
健康食品と言えば、「トクホ」のマークを思い出す人も多いと思います。トクホ、つまり特定保健用食品のことですが、このトクホについては、消費者庁で厳しい基準が設けられており、基準をクリアした商品に関してのみ、トクホという表示が出来ます。つまり、公にお墨付きの「効果」があるということです。例えば「この食品を摂取することにより、高血圧の予防・改善に効果があります。」などの特定の効果についての文章をパッケージに書くことが出来、消費者も自分の健康に必要な効果を確認して購入することが出来るという訳です。色々な保健の効果があるので、トクホでなければ信用しない、とか疑問だ、というわけでなく、人それぞれあったものを選ぶことがまずは大切です。

Copyright(c) 健康食品七変化. All Rights Reserved.